MENU

高齢者や要介護者を対象にした、いわゆる老人ホームには有料老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、特別養護老人ホーム、介護老人保健施設などいくつかの種類があります。

 

そこでの看護師の役割は、病院などと同じようにとてもハードなものです。
朝はまず「バイタルチェック」といって、入所者の体温を測ったり健康状態を確認したりします。

 

スタッフの間で入所者の方々の体調やほどこした処置、薬の使用状況についてなどの情報を共有する「申し送り」があります。
特に、深夜に変わったことはなかったかなど、夜勤で入っていたスタッフや看護師から確認します。

 

あとは、状況に応じて様々な仕事があります。
入所者の体調になにか異変があれば、その対処を行います。

 

看護師では適応することのできないほど重症の場合は、近隣の病院のドクターへの窓口となり指示を仰ぎます。

 

夜には、朝とは逆に、夜勤のスタッフに対して申し送りを行います。
とくに、昼間に体調を崩された入所者の情報は入念にチェックします。

 

このように、介護が入ってくる点が病院などとは違いますが、それ以外では有料老人ホームでも病院でも看護師の仕事は、業務内容も仕事のやりがいも、さらには問われる資質もかなり共通するということがいえるでしょう。

↓↓早いもの勝ち!?好条件の求人を探すなら・・・

>>老人ホームに強い看護師求人サイトのランキングはこちら<<